買わなきゃ0円理論。

 

 

私の家は基本的に定価でモノを買わない。

 

スーパーは安いところをよく利用する、ドラックストアはクーポン必須。

セールで商品を買って「いい買い物したな~」って満足する。

 

私も少し前はなんの疑いもなかったし、もちろん少しでも安く買えればラッキーって思うのは今でも間違いないって思ってる。

 

 

 

 

でも最近気づいたことがあった。

 

うちの家、嗜好品多すぎ・・・?

 

 

酒、お菓子、スイーツ、アイス、なんかあまり切らしているところを見たことがない。

 

いや全部好きだし特にお酒は切らしたくないって思ってるけどさ、そんなに必要なもんだろうかとは薄々感じていました。

(大人しかいない家族で冷蔵庫に絶対プリンが入ってる図はだいぶシュールだと思う。)

 

 

いくら安くてもいっぱい買うから結局合計金額はいつも高くついてる。

 

そして結局、途中でなんかしら足りなくて平日にまた買い物することがよくある。

実家あるあるだと思ってマス。

 

 

 

 

 

ミニマリストに興味を持ってからは、「どうしても欲しいと思った時だけ買う。」をマイルールにしてみた。

 

コンビニスイーツだってカップ麺だってたまに食べたくなる。

だからそのどうしても食べたい!ってとき以外は絶対に買わない

 

ネットショップの期間限定ポイントもまずは買おうとしてるものが絶対優先。

ポイントがあるから何か買おう、ではなくこれをネットショップで買うからとりあえず期間限定ポイント消化しとくかって感じ。

 

もちろん、家にある嗜好品は適当に食べても良いのでほとんど買わなくて済んでるところはあるけれど、

一切手をつけちゃダメってなったとしても本気で食べたいときだけ買うかな。

 

 

 

 

どんなに安くなったとしても買わないのが最強、買わなければお金減らないからね!

 

 

 

 

とまあ貧乏女子の嘆きにも聞こえるかもしれないですがメリットはあるんだよってことだけちょこっと話したい。

 

 

たまに食べるからこそジャンクフードって美味しいなって思うし、クーポンとか気にしなくなったら間違いなくストレスが減った。

 

クーポンないと買えない、はなんか惨めで嫌だった。

ポイントカードも今では選んで持ってるから忘れたってこともない。

 

 

 

 

だからお金がないなって思うからこそ、

 

どうやったら全部のモノを安く買えるんだろう から、

 

買う必要のないものは一切買わず、代わりにそのお金で必要なモノをストレスなく買う

 

にシフトチェンジしていきたい。

 

 

 

 

 

とは言っていても、実家の長年の買い物理論なんて簡単に覆るもんじゃないから独立するまでは家の嗜好品をありがたく食べるんだろうなって思う(台無し)